渋谷 氷川神社(東京都)

渋谷 氷川神社(東京都)




運気アップ: 出世開運、恋愛成就
住所 : 東京都渋谷区東2-5-6
交通 : 渋谷駅より都バス日赤医療センター行き「國學院大學前」徒歩1分
御祭神: 素盞鳴尊、稲田姫命、大己貴尊、天照皇大神



渋谷 氷川神社


こんにちは。ステラです。
2015年も早3か月経ちました。このところ段々と暖かくなり、お花見の季節も近づいてきているのを感じます。
さて、今日は渋谷 氷川神社の話をしたいと思います。

渋谷 氷川神社


私が経営するオフィス・ステラでは、毎年、関連会社総出で、渋谷氷川神社に初詣に行きます。
今年ももちろん4社合同で、1月6日に参拝してきました。

渋谷 氷川神社


スタッフそれぞれが新年の願い事を書き上げ、氷川神社に持ちより、奉納しながら祈祷していただきました。 ご祈祷が始まると、神聖な空気に包まれている感覚を覚えました。

初詣が終わると、こちらも毎年恒例で、上島珈琲で直会(なおらい)をしました。



直会(なおらい)とは?
祭りの終了後に、神前に供えた御饌御酒(みけみき)を神職をはじめ参列者の方々で戴くこと

この共食により神と人とが一体となることが、直会の根本的意義であるということができます。
簡略化されたものとして、御酒を戴くことが一般的な儀礼となっています。
神々にお供えした物を下げて戴くということは、宮中においても毎年行われる新嘗祭(にいなめさい)
の際に、天皇陛下が親しく新穀を神々に捧げ、また御自らも召しあがるという儀礼に観ることができ、
「神人共食」という祭りの根本的意義が示されています。
<直会の語源を「なおりあい」とする説もあります。

「なおらい」の語源は、「もとに戻る=直る」の関係を示して直会の役割を述べたものであり、
直会が祭典の一部であることを指しています。

ー神社本庁ホームページ  【おまつりのいろは<直会について>】より抜粋ー




こちらのメロンミルクコーヒーを美味しくいただき、ご祈祷の凛とした気持ちを忘れず、
一年を過ごしていこうと胸に誓い、それぞれ仕事に向かいました。

また、氷川神社には私が仲良くさせていただいているご婦人が、いらっしゃいます。
宮司様のご家族かとは思いますが、顔を合わせれば挨拶をさせていただき、
「あら、また来たの?」なんてお声掛けをいただいたり。
家族のような親しみのある存在になってくれています。
そんな訳で、氷川神社は氏神様のエネルギーをもらえるパワースポットとなっています。

渋谷 氷川神社


渋谷氷川神社の起源は古く、永禄年間(1558年~1569年)の後北条氏の文書には既に記載されているそうです。また、日本武尊東征の際に当地に素蓋鳴尊を勧請したと伝えられ、下渋谷村、下豊沢村の総鎮守だったといいます。 ちょうど恵比寿と渋谷の真ん中辺りに鎮座していて、とても落ちつきのあるよいエネルギーがもらえる場所でした。

境内は約4.000坪。
氷川神社は日本にいくつもありますが、渋谷という立地にもかかわらず、広大な土地を誇り、静かで落ち着いているのも、私がこの神社を好きな理由の一つです。
また、高台に位置しているため、風が通り抜けて、とてもいい気を貰えました。また、全域が、渋谷区の保存樹林に指定されています。自然の癒しを感じられる神社でもあるのです。

明治33年に新調され、戦前に一度だけ担がれたという記録しか残っていない「宮神輿」を2013年に修理し、113年の時を経て担ぐという歴史的な行事もありました。宮神輿は全長4尺1寸。とても大きな宮神輿です。都内では戦争の為、御神輿が空襲で焼けてしまっているので、現存している宮神輿としては非常に珍しいのだそうです。

ところで皆さん、神輿の大ききは測って良いが重さは決してロにしてはならない、という言い伝えを知っていますか?
その昔、お祭りの神輿があまりに重かったのでどのくらいあるのかと重さを量ったことがあったそうです。すると神様が「神の重い軽いをはかりにかけるとは何事か!」と大変怒り、作物が大不作になったという言い伝えが残っているのです。

また、氷川神社では、稲田姫命と、稲田姫命がいけにえにされそうな時に助けてくれた素盞鳴尊を御祭神としており、恋愛成就の神社としても人気です。

渋谷 氷川神社


氷川神社の境内では、当時相撲が行われていて、今でも江戸郊外三大相撲の一つとして、参道左脇に金王相撲場の跡があります。

渋谷 氷川神社


この歴史ある渋谷氷川神社は私がとても大切にしているパワースポットのひとつです。
駅からは少し遠いですが、とてもよい気が貰える場所ですので、渋谷に来た折はぜひ立ち寄ってくださいね。
今年は新年の願いを叶えるために、創造力と知恵と発展性と御縁を頂きながら、みんなで精進していきたいと思います。


2015.3.6         


伊勢神宮(三重県)

伊勢神宮(三重県)




運気アップ: 御利益を求めるのではなく神恩感謝を伝えましょう
住所 : 三重県伊勢市豊川町279
交通 : 内宮 <近鉄>宇治山田駅からバス15分 、外宮 <JR・近鉄>伊勢市駅から徒歩5分
御祭神: 天照大御神(内宮)、豊受大御神(外宮)



こんにちは。ステラです。
今日は伊勢神宮の話をしたいと思います。
今年は式年遷宮でしたので、伊勢に詣でた人も多いのではないでしょうか。
もちろん、私もお伊勢参りに私も行ってきました。友人に声をかけたところ、希望者が多く、総勢20名という大人数での参拝になりました。

参拝に訪れた日の天気は大雨。
気温も12~13度と肌寒い中、全員正装姿です。

伊勢神宮


私は正装の上からコート着て
マフラーをしているにもかかわらず凍えるような寒さでした。

私達はまず、外宮の豊受大神宮へ行き、御神楽を奉納し、

伊勢神宮


御神楽殿で舞を見ながら、約40分、祈祷を捧げました。



神宮での祈祷「御饌(みけ)」と「神楽(かぐら)」の違い
*神宮の御祈祷は、「御饌(みけ)」と「神楽(かぐら)」に大別されます。

◇「御饌(みけ)」とは
神饌をお供えして祝詞(のりと)を奏し、
皆様のお願いごとを大御神にお取次ぎするもの。

◇「御神楽」とは
「御饌(みけ)」に雅楽を奏し、舞楽を加えて
ご神慮をお慰めし、より丁寧にご祈祷を行うもの。




この外宮の御神楽殿の渡り廊下には、大きな木があります。

伊勢神宮


雨の音を聞きながらの祈祷の最中、私はこの大きな木の存在がとても心地良く感じられました。

次に外宮の本殿へ。
雨が降っていた為、屋根のあるところで二礼二拍手一礼で参拝をしました。

その後、内宮に行く途中、お腹も空いたので、手こね寿しで食事をとって一休憩。
そして、いよいよ内宮へと向かいます。
雨は止まず、五鈴川は川の水が溢れてしまっていました。

伊勢神宮


手水舎で手と口を清め、内宮でも外宮と同じように御神楽を奉納させて頂きました。
そして夕方、8月にオープンしたばかりの宿、「伊久」へ。

伊勢神宮


廊下は全て畳の為、スリッパを履く必要もなくてラクでした。
非常に過ごしやすい宿です。

午後8時に一同、宴会場に集まり、いよいよ直会(なおらい)の始まりです。



直会(なおらい)とは?
祭りの終了後に、神前に供えた御饌御酒(みけみき)を神職をはじめ参列者の方々で戴くこと

この共食により神と人とが一体となることが、直会の根本的意義であるということができます。
簡略化されたものとして、御酒を戴くことが一般的な儀礼となっています。
神々にお供えした物を下げて戴くということは、宮中においても毎年行われる新嘗祭(にいなめさい)の際に、天皇陛下が親しく新穀を神々に捧げ、また御自らも召しあがるという儀礼に観ることができ、「神人共食」という祭りの根本的意義が示されています。
<直会の語源を「なおりあい」とする説もあります。

「なおらい」の語源は、「もとに戻る=直る」の関係を示して直会の役割を述べたものであり、直会が祭典の一部であることを指しています。

ー神社本庁ホムページ  【おまつりのいろは<直会について>】より抜粋ー




皆それぞれ好きな飲み物を選びます。
赤ワインに日本酒にビールにと飲み放題です。

伊勢神宮


こちらが料理のメニューです。

伊勢神宮


メインの料理は好きなものを選べます。

伊勢神宮


伊勢神宮

伊勢神宮

伊勢神宮

伊勢神宮

伊勢神宮

伊勢神宮

伊勢神宮


食いしん坊なので料理の写真ばかりになってしまいました。
でも本当にすべての料理が美味しいのです。
このお二人はステーキに使う岩塩をすりおろしているところ。

伊勢神宮


実はこの宿を経営している会社の会長は私の知りいなのです。
元々職人だった方なので、料理に対してもこだわりがあり高級料亭かと思う程素材が良く感動致しました。
料理を堪能しながら皆でワイワイと22時30分迄、直会を楽しみ、一日目は終了です。

翌日は昨日とはうってかわって素晴らしい天気に恵まれて、私達は宿から五十鈴川を経て、内宮へ。

伊勢神宮


この写真を見て下さい。

伊勢神宮


鳥居が太陽神の光で照らされていてまるで天照大御神が私達が来るのを喜んで迎えて下さっているかのようです。
そして、私達は、西邑先生ご指導の下、

伊勢神宮


御神楽殿で御神楽を奉納しました。

お昼はおかげ横丁で赤福のお餅をみんなで食べ

伊勢神宮


そこから名古屋へと戻り、熱田神宮へと向かったのでした。


2013.10.24