魚座

魚座

夜空に輝く魚座は三等星以上の明るい星がないため、よく目をこらさないと見つけ辛いかもしれません。強く存在を主張するわけでもなく、天空に溶け込むような星々は、すべてを受容しようとする魚座の人たちの性質を表しているようです。

魚座の星座を説明するときに、尾を紐で繋がれた二匹の魚が描かれます。これはギリシャ神話の物語が元となっているのです。この二匹の魚は愛と美の女神とされるアフロディーテ、そしてもう一匹の魚がアフロディーテの愛息子、エロスになります。アフロディーテとエロスは、神々の宴に出かけました。宴も盛り上がっていたときに、怪物ティフォンが現れました。アフロディーテとエロスは慌てて魚に姿を変え、川に飛び込みます。その時にお互いがはぐれないように、紐で自分たち繋いで一緒に逃げたのです。大神ゼウスは母子愛の象徴としてその姿を星座にして天に上げたとされています。

受容性の強さが魚座の大きな特徴。

魚座の人は、人からの愛や価値観を、受け入れ共感しようとします。魚座の人は優しい、とよく評されます。一緒にいる人の悲しみや喜びを受け止め、自らが同じ境遇に陥ったかのように同情することができるのです。しかし、その分、自分の意思を強固に貫く、という自己意識を持つことが難しくなるという反面も持っています。
同情心の強さから、魚座は愛と奉仕の星座とも言われます。しかし同時に、自分と他人の境界線が曖昧になりやすいため、他人の力を利用して自分の夢を叶えようとする欲望も現れます。依存的な性質が強まると騙されやすく、また人に振り回されやすくなるのです。
魚座の人は自主性を育むことで、誰に対しても優しく、理解力があり、豊かな想像力を発揮できる愛される人になれます。しかし成長するまでは、信じていた人に騙されて痛い目を見ることもあるでしょう。特に恋愛では強い同情心や強く押されると受け入れてしまう受容性が強く現れます。それでも再び人を信じられる受容性が、魚座の人の純真さであり、魅力なのです。


支配星が海王星の魚座は、感受性が強く想像力が豊か。

魚座の支配性は海王星です。海王星の特徴として境界の消滅というものがあります。自分と他人、現実と非現実、こういった境界をなくしていくのです。他人の悲しみを自分の悲しみのように感じる、これは海王星の特徴そのものと言えるでしょう。また神秘体験や幻想といった意味合いも持ち、霊感を持つ人も少なくないとされています。海王星は精神的なことを示す星であり、そのため魚座の人は感受性が強くイマジネーション力が豊かです。ちょっとしたヒントがあれば、どこまでも想像の世界を広げることができる。夢見がちとも言われますが、アーティストとしての才能を秘めている人も多いでしょう。


水のエレメント魚座は、感情を大切にする。

占星術では12星座を火、地、風、水の4つのエレメントに分けます。魚座のエレメントは水。なによりも感情を大切にする星座です。魚座の人は対人関係や情熱、愛をとても大切にする代わり、出世や物欲には欠けるところがあります。そのため、金銭感覚が曖昧な性質を持つ人が多いのも特徴と言えるでしょう。甘え上手で要領がよいので人の活躍に乗じて漁夫の利を得るようなことはありますが、執念深く計画を練って人を陥れながら上を目指していくような執念深さは持ち合わせていないでしょう。


「柔軟宮」の魚座は、なんでも受け入れやすく、変わりやすい性質を持つ。

占星術では12星座を活動宮、不動宮、柔軟宮の3タイプに分けます。魚座は柔軟宮にあたります。柔軟宮の人は変化に素早く対応できる文字通り「柔軟」な性質を持っています。しかし忍耐力、決断力には欠けるところがあります。なんでも受け入れようする「水」と、なににでも変わろうとする「柔軟宮」の性質を持っているからこそ、魚座の人は感化されやすいのかもしれません。

あなたの周囲にも、あの人はころころと意見を変える、もしくはすぐに人に説得されてしまう魚座の人はいないでしょうか?「これが自分」という頑固さがないため、彼らの心は移り変わりやすいのです。その変わり、親しい人から勧められたものをすんなりと受け入れることができるので、人脈を得ることで彼らを介して知識を深め、可能性を広げることができるのです。

強い同情心も相手の思いを受け入れ、同化するという性質から生まれるものです。中にはテレバシーを使っているのかと思うほど相手のことをわかってしまう人もいます。魚座の人が、霊感が強いと言われる所以でしょう。
この「なんでも受け入れる」という特徴は、特に恋愛でその傾向が強く出てきます。魚座の人は、最初は関心の少なかった相手でも、強く思いを寄せられると同情心から相手を受け入れてしまう傾向を持っています。自分を好きになってくれた人を好きになる、という方はこのタイプでしょう。そして一旦、恋に落ちると奉仕的な愛を相手に注ぎます。魚座の人の愛は奉げる愛。愛の見返りにお金が欲しいというような思いを持たない純粋さを心のどこかに持っているのです。彼らにとって大切なのはダイヤの指輪よりも、強い愛情なのでしょう。感情の赴くままに恋をするため、秘密の恋に引きずり込まれてしまう危険もあります。
誠実で、そして深い愛を注いでくれしっかりと守ってくれるパートナーに巡り合うこと、それこそが魚座の人にとって最も幸福な生き方なのかもしれません。


黄道12宮の12番目となる魚座のテーマは「受容」。

占星術では天体を12の宮に振り分けこれを黄道12宮(または獣帯)といいます。太陽はこの12の宮を一年かけて移動していくことになります。太陽が双魚宮に入っているときに生まれた人が占星術では魚座になります。黄道12宮は金羊宮(牡羊座)からスタートするので、双魚宮(魚座)は12番目になります。自己を表現する牡羊座から、人に認められたいと願う乙女座、世界の枠を飛び越えようとする水瓶座など様々な段階を経て、魚座では「自己」からも解放され、すべてのものと融合しようとします。
これが魚座のテーマ「受容」なのでしょう。

しかし魚座の人は受容し、同化しますがまたすぐに別のものを受け入れ、変化してしまいます。気持ちが変わりやすいのもこの性質からです。
また情を大切にする性質のため、感情を乱す争いを嫌います。しかし気持ちの乱れが避けられない状態に陥ると、まずは心の平穏を保つため、夢想に逃げ込もうとするのです。魚座の人で忍耐力が弱い人が少なくないのは、疲れやプレッシャーが感情を乱してしまうからでしょう。魚座の人は、言葉で人を攻撃するようなことはしようとしません。その変わり、音楽や絵画など芸術的な手段で自分の心の内を表現する才能を持っています。
また人を喜ばせ、暖かい感情を向けられると純粋な喜びに浸れます。その喜びを得たいがために、自己犠牲的な愛情を見せることになるのでしょう。その純粋さと受容的な性質から、ときには傷つくこともあるでしょう。しかし魚座の人の純粋さや捨て身の愛情は人の心を動かし、助け手にも恵まれやすいという利点も持っています。
なんだか助けてあげたくなる、そんな思いを掻き立てる魚座の人は多いでしょう。愛されやすい星座と言ってもよいのかもしれません。
色々な経験を経て成長し、この特有の感情の揺れを自分でコントロールできるようになれば、ロマンティックで想像力豊かな人を傷つけない好人物になることができるでしょう。むしろ、その姿こそが魚座の人の本来の姿なのかもしれません。


月
最後にタロットカードの話をしましょう。星座には各々紐づけられたタロットカードがあります。
魚座のタロットカードは「月」。月のカードは迷いや不安、秘密や夢を示します。ステラタロットカードでは暗闇の門番である二匹の犬が向き合い、天空には月が輝いています。そして月の下には大きなサソリが描かれています。暗い印象を受けた人もいるかもしれません。しかし、このカードの中に「光」も描かれています。サソリの向こうには明るい光のアーチを描く二つの塔が見えています。その先にあるのは光の世界。そしてその入り口は目で見える場所にあるのです。希望への道は示されています。このカードは、迷いや不安を乗り越えれば、その先に大きな幸福が待っていることを告げているのです。

「受け入れる」という性質を持っている魚座の人は尊敬する人の考えに影響され過ぎたり、同情から損な役回りにあうことも多いでしょう。夢見がちな性質を持っている魚座の人は、自分の願い通りに物事が進まず、悲しい現実を思い知らされたときに傷つきます。そして心が深く傷ついたとき、夢の世界へと気持ちを逃避させるという性質を持っているのです。映画や小説にのめり込んだり、幸福な自分の姿を夢想したり、想像力豊かな魚座の人にとって逃避場所となる自分だけの世界はいくらでも思いつけるはずです。しかし、再び夢の世界から戻り現実に向き合わなくてはいけない時がやってきます。そのときに現実を受け止め、今の状況を改善するために前に向かうことで成長し、幸福の扉を開けることができるのです。
あなたの周囲にもなかなか失恋の痛みから抜け出せない、魚座の友人がいるかもしれません。彼らの心は繊細で、他の人よりも傷つきやすいのです。立ち直るまでに時間がかかるのは、それだけ彼らが負った傷が深いのです。急かさず優しく見守ってあげましょう。

魚座の人は現実を「受け止める」こともできますから、いつかしっかりと立ち上がり、笑顔で前へ歩き出すときがやってくるでしょう。「月」のカードは人生の中には迷いのときがあり、そしてそれを乗り越えて希望の道へと進めることを示唆しています。感受性の豊かな魚座の人は、他の人以上に傷つき、また喜び、人生を重ねていくのです。それはとても豊かで濃い人生と言えるのかもしれません。 また魚座の人は、月の満ち欠けのように感情の起伏が激しいという特徴も持っています。しかし同時に優しく闇夜を照らす月のように、人を癒すことができる大きな愛情も持ち得ているのです。
水瓶座

水瓶座

夜空に瞬く水瓶座は、2等星以上の明るい星がないため、見つけ辛いかもしれません。明るい星が多いわし座の近くにあり、またこのわし座は水瓶座のギリシャ神話で、ゼウスがガニュメデデスを攫うために変身したわしの姿とされています。
では水瓶座のギリシャ神話とはどういう内容なのでしょうか。水瓶座のイメージイラストでは、少年が水瓶をかたむけている姿が描かれていることがよくあります。これは水瓶座のギリシャ神話に基づいているのです。大神ゼウスは、神々の酒宴でお酌をしていた美女が結婚してその役目を終えたため、代わりになる人を探していました。そこで目にとまったのが、トロイの王子であるガニュメデスでした。彼はゼウスが今まで恋した美女たちに負けないくらい美しい少年でした。ゼウスはすっかり気に入り、大鷲に変身してガニュメデスをオリンポスに連れ帰りました。ゼウスはガニュメデスに永遠の若さと美しさを与え、神の酒(ネクタル)の酌をさせるようになったのです。

個性的で革命的、考えに柔軟性があり、自由を求める水瓶座。

お気に入りのお酌係がいなくなると知り、すぐに次を探そうと動ける気持ちの切り替えの速さ、そしてその美しさに魅了されると男女構わず連れてきてしまうような型にはまらない発想力は、水瓶座の特徴を表しているのかもしれません。


支配性が天王星の水瓶座は、独創的なところが特徴。

天王星は変化、革命、独創性を表す天体です。得た知識を自由な発想で自分の考えにしていく水瓶座は、ときに保守的な人には考えもつかないような奇抜な案を持ち出してくることがあります。そのためなのか、その発想の鋭敏さが誤解され「変わった人」と評されることもあるのです。ファッションに関しても、独創性を発揮する水瓶座は多く存在します。


エレメントが風の水瓶座は、知性を重視し、知識を増やしたがる性質。

占星術では12星座を火、地、風、水の4種類に分類します。これをエレメントと呼びます。水瓶座のエレメントは風。風のエレメントのテーマは「思考型」で、知性を重視します。知性を育てるために知識を増やす必要があります。そのために次々と新しい情報を入手していくことになるのです。水瓶座が、最新の情報を得たがるという特性もこのエレメントから来ているのでしょう。
また、もともと風とは実態がないものです。そよ風であれ、突風であれ、ひとつの場所にとどまることがありません。水瓶座は執着しない星座とも言われます。新しい情報が自分にとって有効だと思えば考えを変え、一定の人間関係に固執せず、自分が興味を示す方向へと人脈を広げていくのです。

水瓶座は多くの人と語らい、新しい情報を得ることに喜びを感じます。そして色々な人と協力し合うことで、人それぞれの考え方、手法を学ぶのです。水瓶座は仲間とひとつの目的を達成することに喜びを感じます。その過程で彼らは多くのものを知り、成長していくことができるからです。わけへだてなく人に接することができるのも、好き嫌いへのこだわりがないからです。人を贔屓することなく平等であろうとします。その考えが水瓶座の個性のひとつであるヒューマニズムに繋がるのでしょう。まずは知って理解しよう、その好奇心が水瓶座のコミュニケーションの一端なのかもしれません。


「不動宮」の水瓶座には、自分の考えを簡単に曲げない理論的思考の持ち主。

また、占星術では星座を活動宮、柔軟宮、不動宮に分けます。水瓶座はこの中で不動宮に区分されます。知性を巡らせて新しい知恵を発見しようとする水瓶座と、不動という言葉はしっくりこないと感じるかもしれません。水瓶座は風のエレメント、知性の星座であると説明をしました。
例えば水瓶座の人が、自分が属する団体は争いが多いからまともにしていきたいと考えるとしましょう。色々な情報を集め思考錯誤しながら辿りついた答えが、上層部を排除して新体制を発足させることだとします。そういう理論に辿りついた後は、団体に逆風を巻き起こすことになろうとも水瓶座は考えを変えません。平和主義ではありますが、この提案をしたら攻撃されるからなあなあにしていこう、というような判断は下さいないのです。

水瓶座の人の考えは非常に理論的です。なんとなくそう思うから、といった考えでは行動せず、こういう理由だからこうする、という理論が存在するからこそ、自分の行動に自信を持つのです。この自分の考えを簡単に曲げない「不動」の特徴があるからこそ、水瓶座は自立することができるのです。水瓶座は自由を求め、自分のやり方で自分だけの人生を生き抜こうとします。しかし世の中に迎合しないということはかなりのパワーが必要とされます。水瓶座は個性的ですが、その個性を守るために、自分はこうでありたいという強い意志の力を持っているのです。

水瓶座はそういう意味では頑固ではありますが、融通は効きます。
水瓶座の人は自分の考えに対してもクールな視線を持っており、自分の考えが間違えていると気付くと、すぐに考えを修正し、新しい理論を受け止めます。自分が間違っていると分かっているのにそれを認めない、というように感情的になることは少ないでしょう。水瓶座の人は科学者や発明家に向いていると言われますが、それは類まれな発想力に加え、自分の考えに固執して新しい情報を取り入れないことが、いかに非論理的であることを理解しているからなのでしょう。
水瓶座は人間関係で生まれる感情にも固執しません。以前、論争を闘わせた相手であっても、仲直りすることが今後にとってよいことだと思えれば本心からもう一度、手を指しのばすことができるのです。その切り替えの速さや掴みどころのない個性に、面食らう人もいるかもしれませんが、水瓶座が感情ではなく知性で動く星座だと思えば、納得がいくことでしょう。


水瓶座の思考はあらゆる制約から自由であり、仲間との精神性を大切にする。

占星術では天体を12の宮に振り分けこれを黄道12宮(または獣帯)といいます。太陽は一年をかけて12の宮を回っていくことになります。その11番目の宮「宝瓶宮」に太陽が入った期間に生まれたのが水瓶座の人になるのです。期間で言えば1月20日頃から2月の18日頃になります。冬から徐々に春へと移行していく時期。凍てついた雪や氷から解放される季節がそろそろやって来る頃です。
この開放という言葉は水瓶座にとても適しています。水瓶座の思考はあらゆる制約から自由であり、そのために、普通の人が思いつかない発想を生み出すことができるのです。人間関係でも同じことがいえ、水瓶座の人は男女、年齢を深く気にすることはあまりないでしょう。年の差があっても意見が合えば、意気投合し、共に意見を戦わせる仲間になれます。
水瓶座はグループ行動を好みますが、誰とグループを組むかは思想や考えが一致していることが大切です。洞察力があり、社交家なので多くの人と親しくなれますが、目標に向かって一丸となって行動して行くときに求める仲間とは、互いに共鳴するものが必要になるのです。
ですから、新しい目標ができると再び新しい仲間を探すようになります。こうして人間関係が広がっていくことになるのです。水瓶座の人にとって自分の意見に共感してもらうことはとても大切なことなのです。ですから未熟な水瓶座の人は共感を得るために、考えを押し付けようとすることがあります。しかし質の高い水瓶座は「他者への理解」能力を備えていますから、強引な行動に出ることはないでしょう。
また住環境に関しても、故郷は愛するが囚われないところがあり、転居をして新しい環境を開拓していくことにも肯定的です。広い意味で言えば、人生の流転にも順応性があり、次々と新しい情報を自分の知恵として、成長していくことができるでしょう。
職業運に関してはこのとらわれないという性質から、大会社の一社員となるよりは、自ら起業したり、フリーランスとして活躍できる才能も持っています。ただしそれは自由な環境で自分の想像力を発揮したいからであり、地位や名誉、お金にはそれほどの執着はないようです。
水瓶座の人が、人類愛が強いと言われるのは、自分の損得よりも精神性を大切にすることからくるのかもしれません。


星
最後にタロットの話をしましょう。星座には各々紐づけられたタロットカードがあります。
水瓶座のタロットカードは「星」になります。描かれた大きく瞬く星はまるで希望を象徴しているようです。ステラタロットでは女性が右手を大きく掲げ、左手には壺をもっている姿で描かれています。彼女の頭上には大きな星が輝き、また四方にも小さな星が瞬いています。その右手の指と壺から水が注ぎだされているのです。これは、夢や希望が次々と湧き出てくることを示しています。水瓶座の人は新しい世界に飛び込んでいくために、常に知性を働かせています。湧き出るアイデアには限りがなく、そしてその発想は希望に満ちています。まさにこのカードは水瓶座を表すのにぴったりくるカードではないでしょうか。

この「星」のカードは願望成就を示唆しています。しかしその成功はすぐに手に入るものではありません。いわば「星」は夢に向けて歩き出したところ、希望はあれど、道半ばの状態なのです。カードは「大きな夢を抱きなさい。そして理想のビジョンを描くことで進むべき道が見えてきますよ」とメッセージを送っています。しかし、夢を達成するまでには多くの人の協力を得なくてはなりません。人の力を得ることの大切さも、このカードは示しているのです。
水瓶座の人は「星」のカードの裏に隠されたメッセージを生まれながら理解しているように見えることがあります。水瓶座は理想家で、こういう未来を手に入れたい、という明確なイメージを持っています。その理想を実現するために自ら動くだけでなく、人と交流して情報を集めます。また目的に向かって動くときは、自分の力では足りない部分を人の協力を得て補おうとするのです。水瓶座は仲間意識が強い星座です。蟹座も仲間を大切にしますが、水瓶座はちょっと違います。蟹座はまるで家族のように仲間を愛します。水瓶座は色々な人の意見を取り入れ、協力し合うことを望むのです。周囲の人がいなければ夢が叶わないと知っているからこそ、助け合えるフェアな関係を築こうとする星座なのです。水瓶座は饒舌で自分の意見を押し付けようとするという短所があると言われることもありますが、本来はタロットカードの「星」のように、助け合い精神を持っている星座なのです。